乳酸菌を摂取して腸の働きを整える|健康体づくりにはサプリが最適

複数の男女

腸内の善玉菌とは

治療薬

乳酸をつくり出す菌の総称

腸内環境を良好に保つ働きをする善玉菌の代表は乳酸菌です。乳酸菌は、体内のブドウ糖から乳酸をつくり出す菌を総称してこの名前がつけられています。その種類は600種以上にものぼます。乳酸菌は、形はそれぞれ違い棒状やらせん状、球状のものなどがあります。それに、性質も酸素が必要なものや、なくても生きられるものもあるのです。また、乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品などに含まれる動物性のものと漬物や味噌など発酵食品に含まれる植物性のものがあります。乳酸菌は、大腸内で小腸から送られてきた食べ食べカスを分解、発酵させ体に有効な成分をつくりだします。酵素やビタミン、乳酸、ホルモンなどこの過程でつくり出されるのです。

効果的に摂取するには

乳酸菌は、腐敗物やガスをつくる悪玉菌の働きを抑制し腸内環境を整えます。その結果、免疫力がアップし、便秘を解消したり花粉症やアトピーなどのアレルギーを改善する効果が生まれます。乳酸菌は、ヨーグルトなどで摂ることができますが、サプリを利用している人もたくさんいます。サプリは、携帯できてどこでも手軽に摂取できるので人気です。ヨーグルトなどが苦手な人でもサプリなら簡単に乳酸菌を摂取できます。乳酸菌は、ヨーグルトの種類によっては、腸に届く前に胃酸で死滅してしまうものもあります。大腸に届かなければその働きは見込めないのです。サプリなら大腸まで届き、大量の乳酸菌を一度に摂取することができるのでその効果は高くなります。